フェカリス菌の胃袋通過率のメリット

乳酸菌が効果を発揮してくれるか否かは、胃袋通過率に左右される一面があります。胃袋の中を無事に通過できればお腹に対する効果が見込めるのですが、残念ながら全ての乳酸菌が通過できるとは限らないのですね。ですのでお通じを改善したいと思う時には、乳酸菌の選別なども意外と大きなポイントになります。

 

胃酸の中を通過しやすい乳酸菌を摂取する

 

そもそも胃袋の中には、多くの酸が入っているのです。その力はとても強く、経口摂取された物を簡単に溶かしてしまいます。
乳酸菌も、それは例外ではありません。せっかく乳酸菌を口から摂取しても、胃袋の中の酸で溶かされてしまえば、小腸や大腸などに効果を発揮しづらくなるのですね。
厳密に申し上げれば、胃酸で溶かされても何とかなります。乳酸菌の死骸自体が、小腸や大腸に働きかけてくれるからです。ただそれでは効果が少し薄れてしまいますので、できれば胃袋の酸に耐えられる菌類が好ましい訳ですね。
思えばここ最近では、コンビニでも腸まで届く等とアピールしている乳酸菌の商品が、多く陳列されているように思います。つまり乳酸菌のメーカー側としても、やはり所まで届くことが大切だと考えているのでしょう。お腹の調子を整えたいと思うならば、そのようなタイプの乳酸菌を摂取してみるのも一法ですね。

 

胃酸などにも溶けづらいフェカリス菌の魅力

 

具体的にはどのような乳酸菌が在るかと申しますと、フェカリス菌です。その菌類は、カプセルのような形状をしているのですね。他の乳酸菌に比べると、サイズが若干小さめになります。
ちなみにフェカリス菌は、主にアレルギーに対して大きな効果を発揮してくれるようですね。花粉症などでお悩みの方などは、フェカリス菌を摂取してみると良いと思うのですが。
しかし花粉症を改善するにしても、そもそも大腸や小腸に届かないのでは、あまり意味が無いでしょう。ただフェカリス菌は、胃袋の酸には非常に強いタイプになります。簡単には溶かされない構造になっているのですね。
ですのでフェカリス菌は、摂取も楽だと思います。そもそも小腸や大腸に対して乳酸菌を届けるとなると、大量摂取が必要になってしまうでしょう。ヨーグルトを大量に摂取するのは、とても大変な事ですね。しかしフェカリス菌の場合は胃袋の酸では溶けづらい構造になっていますので、そもそも大量に摂取する必要もありません。
ですのでアレルギーでお悩みの方にとっては、やはりフェカリス菌はおすすめです。毎年の春の時期に大変だと感じているのであれば、その菌類の摂取を試みると良いでしょう。